スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

MARK RICHARDS RESPECT MODEL : 2012.11.22[Thu]

Mark Richards
1979-timeline-e1297485323211 (327x500)
 
79年から82年に渡り
世界の頂点に君臨したマークリチャーズ
その独特なスタイルから
『翼の折れたカモメ』と呼ばれていた



e0063309_14175937 (500x338) 
自ら作り上げた
パフォーマンスツインフィンに乗り
数々のコンテストで勝利
マニューバーだけでなく
サーフボードデザインにも革命を起こした
第一人者





ASK
IMG_2981 (324x500)
MarkRichards RISPECT model
G-BAR
マークリチャーズが最も活躍した
80年のツインフィッシュデザインを
忠実に再現したMRリスペクトモデル
バール
バールとはフランス語で(スズキ)
MR全盛期を知るシェイパー
鈴木スズキ三好氏によって
リバイバルされたパフォーマンスフィッシュ
デッキはソリッドブルーのスプレーに
ブラックピンライン

IMG_2982 (331x500) 
ボトムデザインは当時とは異なり
コンケーブセッティングが施されています
ボトム、レールはライトグレーのスプレーカラー

used G-BAR

5'10" ×20'1/2" ×2'5/8"
pu×poly
¥55,000-




ASK
IMG_2983 (333x500) 
同じく80’sウイングツインフィッシュ
G-BAR
こちらはピグメントカラーパッチを
サイドカラーにセットした特殊なデザイン
あえてポリッシュにせず
ドライフィニッシュでクールにまとめました

IMG_2984 (328x500)
こちらも浅めのコンケーブ仕様
お洒落なテイストと実用性を兼ね備えた
ハイブリッドな80’sウイングツインフィッシュ

used G-BAR
5'9" ×20'5/8" ×2'13/16"
pu×poly
¥60,000-




sMR1977_Twin6ft4_Cutback_OTW_Trout (413x297) 
G-BARはマークリチャーズスタイルに
敬意を表したボードデザイン
スピーディーでルース
80年代のテイストを体感できる
お勧めのボードです













SURFBOARD // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

男塾2012-2013 vol 1 : 2012.11.20[Tue]

男塾日本海ツアー


お疲れ様です
昨日19日(月)は今期初の
男塾日本海ツアーへ
私もそうですがまずは
サービス業のメンバーを中心に
月曜日がお休みの熱い仲間と共に
ツアーを決行しました



IMG_3773 (500x289)

片道5時間のロングドライブの末
たどり着いたスペシャルビーチ
一時的に強まった冬型気圧配置が緩み
徐々に風波がまとまりはじめた



DSC_0071 (500x331) 
気温3度
冬のサーフィンは
ウォーミングアップが大切です


 
DSC_0137 (500x331) 
まずはエアー



DSC_0083 (500x331) 
ローカルのエアーには
足元にも及びません



DSC_0148 (500x331)
ならばとチューブで応戦

使用ボードは
来期リリースが決定した
HAMISH STIX
5'9"×18'1/2"×2'1/4"
脚力は必要になりますが
特にこのようなコンディションでは
自由自在です


 
DSC_0160 (500x331)
今回サバイバルしたサーフブラザー
サーフィン2回目のNEWカマーから
キャリア20年のマスターまで
個性溢れる面々が集結
早朝から4時間のラウンドを終えても
まだまだ鼻息の荒いアップカマー達




DSC_0163 (500x331) 
それもそのはず
朝はクローズセットが連発していたビーチも
すっかりクリーンシェイプ
気温も上がり
サーファーなら誰もが好む
パーフェクトなコンディション



DSC_0161 (500x331) 
無理やり30分の昼寝をし
目が覚めると数人入っていたサーファーも
居なくなり貸切状態に
男塾一行は夢のような
パーフェクションを
仲間達だけでシェア

車に時間と理性を置きざりして
笑って吠えてひたすら漕いだ
本能むき出しの8時間
水と少量の食料だけで
ストイックに波と向き合い
熱い仲間と共にセッション
シンプルでピュアな最高のひと時でした

自然、仲間、サーフボード、ウェットスーツ
すべてのものに感謝します

ありがとう

そして
『もっと上手くりたい』
と思う気持ちのお土産まで頂きました


ALL PHOTO BY KENBOO


























 
SURFSESSION&WAVEINFO // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

2012-13 男塾vol 1 : 2012.11.17[Sat]

  NIHONKAI
     ●
OTOKOJYUKU




皆さん
寒い雨の中お仕事お疲れ様です
波の方は夕方風が変わり
まずまずのコンディションで
楽しめていたらしいです
明日の早朝なら腰サイズはキープしそうですね

さて明後日19日の月曜日ですが
昨シーズンから始まりました
日本海男塾ツアー第一弾を予定しています
サーフィンのスキルアップと
仲間同士の交流を主としたこの企画
辛く厳しい冬の日本海も
熱く同じ志をもった仲間同士で
頑張れば寒さもデカ波の怖さも半減
一人じゃ出し切れず眠っている底力が
出せるに違いありません

そして男塾第一弾は
体育会系の仲間9名が集まり
北を目指します

IMG_1920 (500x333) 
昨シーズンも数々の
メモリアルデイが訪れた
男塾
今シーズンは
どんなドラマが起きるのでしょう
















EVENT   // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

堂々2位 : 2012.11.16[Fri]

G-HTH

今日はお客様の接客、ボード修理の合間に
今年頂いたカスタムボードの整理を行いました

やはり断トツ1位に輝いたのは
TOKORO
中でもウエイドトコロシグネイチャーともいえる
K6モデルが人気でした

そして世界のトコロの次に
堂々2位にランクインしたのは
こちらでした







IMG_2974 (333x500)
 
ARDER HAN ARDCORE』
ハードコアよりも一生懸命に!
このキャッチフレーズを元に
研究、開発されたパフォーマンスモデル
G-HTH
109,000-(税別)



IMG_2975 (333x500) 
ゆる~いイメージの344シェイプですが
正統派ラインもカチっとキメます

『楽しく頑張って上達したい』
そんなあなたのサーフィンライフを
サポートしてくれること
間違いありません




















SURFBOARD // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

親バカ : 2012.11.15[Thu]

SURF&SK8



お疲れ様です
今日はこの冬一番の寒気が。。。
今年の風邪は特にしつこいので
皆さんもお気をつけて



この夏タンデムサーフィン(背中乗せ)で
波に乗る楽しさを覚えた我子達
ワイプアウトしてもなんのその
ワンモア!リプレイ!!
かなり経験値を上げました

さすがに11月に入ってからは
身の危険を察知しているのか
波打ち際にあまり近づかなくなりました



そして次にハマったのは




IMG_3696 (393x500) 
人に何と言われようと
自分が楽しいと思えること
これからも
いっぱい教えてあげよう
















FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。