スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWARD:

SECLET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://surfshopharder.blog66.fc2.com/tb.php/1205-a8fb398f

Clssic Left : 2008.12.01[Mon]

30日

朝目覚めると昨日までフラットだった某ポイントにスウェルがやって来た。

前日の天候は一転し雨、時折ヒョウが降るヘビーなコンディションの中イベントが開催されました。


ここは歴史あるサーフポイントでコンディションが決まると8’までホールドする

ポイントブレイクのレフトハンダー

サーフィンクラブも設立されていて秩序が守られている。

今年で13年目となるサーフィンコンテストはウェイティングにて

冬のTHE DAYが訪れると開催されている。

関西を代表するクラシックイベントRAINBOW CUPに運良く出場させていただきました。

他県からのエントリーも多くハードコアな面々に圧倒されました。

とくにマスタークラス、レジェンドクラスの洗練され鍛え抜かれたサーフィンには脱帽

ソウルフルなショートボーダーのプライドを目の当たりにしました。

Team HARDERからは若手チャージャーKoji Yasu Jyunya

良い波大好きYuとISSYの計5名がエントリー

波のコンディションは3’?4’のマッシーなブレイク

セット間隔は長くピークのチョイスがロングショルダーの鍵を握る

経験が無いとかなり難しく15分に1本も波をキャッチ出来ない選手も続出していた。

皆、寒さとコアな雰囲気に呑まれながらも頑張ったが敢無く敗退。。。

優勝は千葉から来たYANG GUNがさらっていった。


初のリーフブレイクでのビックウェーブコンテストは過去に無い緊張感があり

セットを待つ忍耐力と集中力が勝負の決め手ということを改めて痛感。

皆、敗退したけれど大きな収穫がありました。

来年のリベンジを胸にジャンクハードな水晶浜にて修業をし幕を閉じました。


大会関係者の皆さん寒い中本当にお疲れ様でした。



レインボー
Clssic Left
スポンサーサイト
未分類 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

コメント投稿フォーム // コメント

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASSWARD:

SECLET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

Clssic Left のトラックバックアドレス
http://surfshopharder.blog66.fc2.com/tb.php/1205-a8fb398f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。