スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

Type? : 2008.03.29[Sat]

IMG_0770.jpg

TWINの王道といえばやはりタイプ1

ボリューミーなレールと深く切り込まれた尾びれ

フラットに近いボトムはまるで氷の上を滑っているかのような感覚だ

30年以上の歴史を誇るトラディショナルデザイン

Fish of Standard  ☆Type1☆



スポンサーサイト
SURFBOARD // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

Type1 : 2008.03.29[Sat]

IMG_1202.jpg

RockDanceのヘッドシェーパーMatsumoto koji がお魚に魂を込める

芸術ともいえるアウトラインが波との一体化を実現させる。
SURFBOARD // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

Type? : 2008.03.29[Sat]

IMG_0774.jpg

高級感、溢れるラグジュアリーなウッディーブラシ
SURFBOARD // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

Type1 : 2008.03.29[Sat]

IMG_1205.jpg

夏はビールにトランクスで小波もクルージング

冬はドライブターンを意識したディープなトレーニングも出来る

幅広く楽しめるお魚ちゃんは新鮮なうちに。。。
SURFBOARD // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

FISH : 2008.03.29[Sat]

画像 015

飛魚になりたい方はこちら

WadeTokoro の提案する R2Twin

70s’のルックスをもちながら実は最新のチューンが施された

ハイテクフィッシュ 

※マジで飛んじゃいます
SURFBOARD // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA REPORT : 2008.03.28[Fri]

1.jpg

HAWAIIのデュークカハナモクからインスピレーションを受け3月上旬、

サーフィン先進国であるオーストラリアを旅しました。

ケリースレーターと07’王者ミックがデットヒートしているゴールドコーストは避け

オーストラリアサーフィン発祥の地 SYDNEY に足を踏み入れることに。。。

シンガポールエアラインでセントレアをテイクオフ
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

2.jpg

シンガポール経由のディスカウントチケットで飛んだので

ロングフライト&ロングトランジットでぐったり。。。

日本を出発して約24時間後にシドニーに到着

キングスクロスの街がお出迎え

まるでカーレースをしているような交通事情

FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

3.jpg

シドニーシティーからわずか3,40分でビーチに着いた

理想的な地形が連続して続くシティービーチ

Bronte bay ライトハンダーのファンウェーブ
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

5.jpg

波のコンディションが良くない時はその土地の文化に

触れる事もトリップの醍醐味

ヨーロッパカルチャーが深く根付いているパディントン

賑わいを見せる週末のフリーマーケット

FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

4.jpg

ホリデーを楽しむバックパッカーやトラベルサーファーを多く見かけた

FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

6.jpg

世界的に人気の高いBondi Beach

ビーチサイドにはカフェやショップが立ち並びシティーから沢山の

お洒落なサーファーが訪れる。

波は手ごろでビギナーもエントリーしやすい。
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

7.jpg

この旅の相棒フュンダイの”GET’S?

マニュアル仕様でご機嫌な走りを見せてくれた☆


FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

8.jpg

1914年水泳の金メダリストHAWAIIのデューク‐カハナモクは水泳のデモストに

シドニーを訪れ波に乗った。

オーストラリアサーフィンカルチャーの幕開けだ。

その舞台となった Freshwater Beach
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

11.jpg

透き通るような空

マリンスポーツをやらない方がおかしいくらいの環境
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

12.jpg

何もかもがデカイ
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

13.jpg

シドニーの北に位置するレフトハンダー

古い歴史をもつWhalebeach

ぎっしりと固く目の詰まった砂はパワフルなブレイクを見せる
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

14.jpg

コンスタントブレイク Avalon

ケルト語でパラダイスという意味らしい

まさにナチュラルフッターには☆アバロン☆
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

18.jpg

この旅、第2の拠点 Manly

表情豊かなビーチブレイクが数キロにわたって続く

モーニングサーフィンで一日をスタート

オーストラリアでは顔を洗うくらい日常的なことだ
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

24.jpg

SYDNY Northern Beachs でもっとも多くサーフィンしたのは

ここ North Narrabeen 

長年に渡りWCTサーキットを行われてきた世界的に有名なポイント

クイーンズランドボードライダースのローカル達は皆アグレッシブ

子供からお年寄り、女の子、オバちゃんまでもがバーティカルムーブで

競い合っている。

おかしなローカリズムは無く皆明るくフレンドリー

エキサイティングなローカルセッションをとくとご覧あれ

photo 82MI4



FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

19.jpg
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

21.jpg
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

20.jpg
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

22.jpg
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

15.jpg
FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

AUSTRALIA : 2008.03.28[Fri]

16.jpg

オーストラリアカルチャーの発祥の地 SYDNEY

波は小さかったが何もかもがデカかった!

ハンバーガーに車、オペラハウス、ハーバーブリッジ、ブルーマウンテン

スケールビッグな大陸育ちのオージーは皆、気さくでフレンドリー

細かいことは気にしないそのスタイルはCOOL&WILD

ビーチカルチャーも刺激的で日本では考えられないようなことが日常的に

行われていて毎日ストークしっぱなしでした。

日本はまだまだ海に対する知識も薄くや否定的な部分が大きい

人間が人間らしく楽しむことの出来る海が身近にあるのに利用しないほうがおかしい

そんなHAPPY LIFEの道しるべを教わったかのようなトリップになりました。

この経験で学んだことを含め一人でも多くの人々に地球の温度を伝えていくことが

僕達サーファーの指名だとあらためて感じることが出来ました。

photo by 82 Mi4



FAM // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

SPICE : 2008.03.25[Tue]

IMG_1250.jpg

SPICE CLOTHING の赤沢さんが春夏コレクションの

サンプルを持ってHARDERに来てくださいました。

シンプルで機能的なデザインで街にも海にも活躍しそうなアイテムが多数ありました。

サイジングもサーファーの体型や日本人の体格にフィットするように考えられており

違和感無く着こなせると思います。

赤沢さん自身も全国を営業で回ると共に各地のGood Waveをハントするコアな

サーファーでウェアーのフィッティングやビジュアルにもかなりのこだわりをもっています。

僕自身も4,5年前からライダーとしてサポートを受けスパイスを着させて頂いています。

かなり調子いいですよ☆
NEWS // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

SPICE : 2008.03.25[Tue]

IMG_1249.jpg

3月下旬入荷します。

数限りがありますのでお早めに。。。
NEWS // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

南風 : 2008.03.24[Mon]

IMG_1241.jpg

南のスウェルを狙うべくいざ南張へ

正面テトラサイドと左のロックレフト周辺はなかなかの地形

ジャンはウネリと潮のタイミングが合わずNG

年々水位が上がりブレイクしづらくなってきている。

未分類 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

南風 : 2008.03.24[Mon]

IMG_1244.jpg

ラクダがいることで有名な ICHIGO ビーチ

地形はいまいちとの噂だったが春の中潮ということもあり潮が動く時間は楽しめた。

ワイドなレフトはパワーがありハードなリップアクションにも応えてくれる

ここで開催されるサーフィンコンテストはいつも盛り上がりを見せている
未分類 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top

南風 : 2008.03.24[Mon]

IMG_1246.jpg

センターのライトもなかなか良い感じでうまく合わせれば2発はリップ出来ます。
未分類 // COMMENT[0] // TRACKBACK[0] // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。